読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海と空と青

元々ある本来の幸せ感をそ~っと感じてみる、なんとなく試してみるガイドブック。

ガイドブック ページ52~53

ガイドブック

研修会ー一部紹介

 

K参加者:ある悩みがあって、ありのままの自分を愛し、状況を受け容れて、相手を許すことができるようになって、楽になりました。

でも、また別の悩みがやってきて、この状況を受け容れ、赦し、自分を愛することに葛藤しています。

この状況を簡単に乗り越えるアドバイスをお願いします。

 

講師:状況を受け容れようとしているのは、どちらのわたしでしょうか。

肉体のわたしか、本質のわたしか。

 

K参加者:肉体のわたしです。

 

講師:本質はどうですか。

 

K参加者:なにもありません。

 

講師:すぐこたえを出さないで、感じてみてください。

頭によるこたえは必要ありません。

感じて本質と一体になることこそ、こたえです。

 

K参加者:(しばらくして)

なんというか・・・・静かです。

平和です。

受け容れようとか赦そうとか、どうでもいい心境です。

 

講師:OK。

あなたの本質は、受け容れようとか赦そうという概念すらありません。

なにもない、自由で平和があるといえば、あります。

そこは既に受け容れ、あらゆることを赦し、もう既に愛そのものなので、愛するという概念もありません。

肉体に軸をおいて、受け容れる、赦す、愛そう、という努力をしているかぎり平和を実現することは不可能でしょう。

なぜなら、一つの出来事を受け容れることがやっとできたとしても、また次々と起こり、その度に努力しなければならないからです。

 

K参加者:(とても静かに心地よさをかみしめている)

10年間いかにはやく受け容れ、赦そうと努力して苦しんできたのかがわかります。

いまとっても自由です。

平和です。(静かに笑いながら・・・)

 

講師:10年間、受け容れる、赦す・・・・ことにとらわれて苦しんだのでしょうね。

それもプロセスです。

なにも無駄なことはありません。

 

K参加者:(静かに深い呼吸をしながら・・・)

あとは自分自身の本質を感じればいいのですね?

 

講師:忘れないで1秒間でも感じることを、何度も何度もくり返し続けてください。

また、忘れてならないことは「感じようとするのは、どちらのわたしか」を時々問うてください。

肉体に軸をおいた「なにかをすること」を卒業してください。

努力なしに本質そのものに気づいたとき、一体となったとき、あなたは永遠の自由と平和を実現して悟りそのものになります。

本質を感じることにとらわれないでください。

とらわれたら「どちらのわたしがとらわれているのか」を問うてください。

最終的には、問うその人がいなかったということがわかります。

あなたの目的地は、なにかをすることではないのですから、どんな方法にも執着しないことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドブック『なにもない それ』から著者の了承を得て転載しています。