空soraって・・・ほんとはどこにある?

元々ある本来の幸せ感をそ~っと感じてみる、なんとなく試してみるガイドブック。

ガイドブック ページ16

イライラした感情・怒り・悲しみ・不安・心配・うんざりした感情・・・・・。

それらの感情を変えるために、なにかをする必要はありません。

それらの感情を鎮めるために、なにかを変える必要もありません。

 

あらゆる感情に対して、「よい・わるい」といった判断をしないで、

「あるがまま、感情を観る」それだけです。

 

そうすると、特定の感情にとらわれていないので、
感情はやってきては過ぎ去っていくということがわかります。

 

探究の過程において多くの場合、
自分の思わしくない感情をなんとかしようとするためのワークショップやセッションをして、
ますますその感情にとらわれています。

 

そして、そのことに気づいていません。

 

 

とらわれているかぎり、その感情の解放はありません。

 

 

 

 

 

 

ガイドブック『なにもない それ』から著者の了承を得て転載しています。